ありふれた世の中に

心の底から笑え

すばるくんのことに対するいろんな人のブログを読んで

 

私はすばるくんのファンです。所謂、すばる担です。すばるくんは担当っていう言葉嫌いだけど、根っからのジャニヲタなので担当って言葉使わせてもらいます。

 

 

ジャニーズのファンの人って文章書くのが上手い人が多すぎるっていうか、ちゃんと文章まとめられててすごいなって思います。前から。私なんて真似して書いてみるけど、全然読みにくい…

 

 

まぁそんなところは置いといて、すばるくんのことについていろんな人のブログを読んだ。月曜日まで全くそういうのも見れなかったんだけど、なんか落ち着いてきたので、他の人がどう感じているのかって気になって読んだ。

 

すばる担の人。そうじゃない人。はたまた関ジャニ∞のファンじゃない人。いろんな人のを読んだ。ツイッターで回ってくるはてなブログを片っ端から読んだ。

 

受け入れてる人。受け入れられない人。怒っている人。価値観なんて人によって違うし、ブログなんて何書いたって自由なんだから私は否定も肯定もしたくないなって思った。

 

ツイッターでちょっと話題になっている人のブログも読んだ。最初の方は全くもって共感できなかった。私は関ジャニ∞のバンドが好きだったから。でも、なんとなくそういう見方もあるのかもしれないって思い始めた。私が口に出すのが怖い不安を全部書いていた。(書き方過激すぎたけど) そのブログを書いた人がすばる担かどうか確認するのがなんか嫌だったので真相は分からないけど、最後の方は「すばるくんが好き」って書いていた。考え方は違うけど、好きなのはおんなじなんだなって。

このブログに対していろんな大人がいろいろ言っていた。確かに、書き方過激だったし、「二度と見たくない」的なこと書いてたからね… いい気分はしないかな。でも、だからって「関ジャニ∞が好きならバンドも応援するべき」とか「すばるくんが好きならこれからも応援するべき」って言うのはどうかな??って。

《べし》って最近は"当然"の意味で使われることが多いから、なんか強制力あってなんか嫌。何回も言うけど人によって考え方も価値観も自由。その人は「応援できない」って言ってるんだからいいじゃん。

でも、《べし》には"意思"の意味もあって、〜するべきって書いてる人はこの意味で書いてないだろうけど、私はこう捉えるようにしてる。〜するべき=〜しよう。強制力はないから。しよう?って言ってるだけって思うようにしてる。

 

あと、すばる担とすばる担じゃない人とでやっぱりなんか違うなって思うところがある。やっぱり、自担に対する思いって違うよね!!みんな好きだけど思いが違うから担当っていうのがあるわけで、推しっていうのがあるわけで。

すばる担は受け入れたいけど受け入れられない人が多いかなと。私もその1人。

そうじゃない人は6人の今後について気になっている感じかなって。私が見た限りだけど。

すばる担だって今後の関ジャニ∞がどうなるのか不安だし、すばる担じゃない人もすばるくんの決断を受け入れられてない人もいると思う。

 

ほんとに情緒不安定だから申し訳ないけど、すばる担がすばるくんに対して「ああやって言ってたじゃん!!」ってなってるのを見たらうんうんってなるのに、他担だとなんかイラってしてしまう。

子供なんです。ごめんなさい。

 

なんかツイッターより重いことが書いてあることが多いブログだけど、やっぱりどの人も最後は、

関ジャニ∞が好き

すばるくんが好き

だった。書いてなくても伝わる。

すばるくんの決断を受けて担降りする人の担降りブログを見てても、好きが伝わってくる。

 

140文字じゃ伝えきれない思いがあるよね!!上からになってしまうけど、他担がすばるくんのことについて書いてくれてるの見るととても嬉しい。とある人は「関ジャニ∞=すばるくん」「すばるくんはグループの核」と書いていた。すばるくんが誇らしい。ほんとに。

 

書きたいこと書いていい。

みんな違ってみんないい。

 

 

 

すばるくん好きです。

 

 

 

追伸

過激なブログの人の他の記事読んだけどやっぱりちょっと過激だった。過激すぎるのもよくないな〜と思ったり。悩んだり。

この夏のツアーに関しては何も言えない。どういう事情が隠れているのか分からないから。「6人の姿を見せて安心させたい」って後付けな気もするし…分からないけど…

めっちゃ怖いジェットコースター並みに私の気分は下がってる。上がってはない。